子供の日は男の子のための行事?について

子供の日は男の子のための行事?

ひなまつりが女の子の日であるのであれば、男の子の日はいつだ?
それは【子供の日】です!
しかし、決して男の子限定とか言う訳ではありません。
ではどうして、男の子の日として見られるようになったのでしょうか?

■男の子に喜ばれるから!
子供の日と言えば、こいのぼりを上げることが多いと思います。
となると、こいのぼりに興味を示すのは男の子が多く、女の子よりも単純に男の子の方が楽しんでくれるそうです。
なので、男の子のための行事として知れわたるようになりました。
ちなみに、昔は子供のためを願う日だったそうです。
なので、本来は男の子も女の子もほとんど関係ないはずなんですがね!
行事の内容が女の子に合わなかったのではないでしょうか?
やはり、合うのは静かなひなまつりのような行事なのでしょうね。
こいのぼりは基本的にその日までなのですが、それからも上げている家庭が多いですよね。
このようにして、行事の本来の意味ってちょっとずつ変わっているみたいです。

Valuable information

千葉 貸倉庫
http://www.tenanto-snap.com/
医学翻訳の依頼
http://www.honyaku-medical.com/